読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜備忘録〜

日々の出来事を思い出して

12月3日 御牧原まで

先月の日直の代休をとり夕方からの青年会会計監査に備えておくが

 明日のJCRC最終戦下総運動公園に向けての 走り込みが足りないこともあり

原の実家までケーキの予約を聞きがてら30㎞ほど走ることにする

明日の支度もあるがこの冬に向けて買ったものを出してどこまで寒いか実験も兼ねる

そんなことをしていたら9時半過ぎに出発が10時になり結果 20分頃出発

外は太陽が出ていて暖かいが ポタナビの気温は2度を 表示している

ヘルメットの内張をネット付きに変えて

グローブはパールイズミの 先月買った物

半袖のおたふくハイネックに パチモンパールイズミの 半袖ジャージ

 BBBのアームウォーマー、 Bフォースの白いウインドベスト

先日買ったやっすい起毛レーパンにモンベルのレッグウォーマー

 ピンクのタイオガ靴下に シマノの エントリーシューズ

その上にBBBの ヘビーシューズカバー

最初は足が寒いかと思ったがじきに暖かくなる

お稲荷さんの坂を下って岩村田の上り坂になったときあまりにもスピードが出なくてがっくり

3か月近くの休みはヒドい有様だ

相生町の信号待ち で中仙道塩名田まで約5キロと 看板を 見てしまう

ローソンの前を通りバイパスの信号機に着くとまた中仙道の看板が

気にしていないつもりで先を急ぐとなぜか塚原の 交差点で曲がれば良いのにまっすぐ 突っ切る

中仙道塩名田まで行くかと思いなおし下って行く

そのまま山浦の方へ行けば良いのにまた浅科の街中を 抜けていく

 自転車で走るのは初めての道なので何もかもが新鮮だ

教習所手前の坂がかなりの勾配に思えたがそんなに苦しくなくクリアできた

川西教習所の横に有るガススタが閉店していて驚いた

もう何年も通っていないなと考えながら真っすぐ進んで行く

高校の頃よく通り過ぎた浅科の支所の前を通りどこで曲がるか考えていたが、昔バイパスがない頃曲がっていた交差点にさしかかる

少し下り坂になり楽が出来るわとキョロキョロ左右を見ながら進むと右手の方に車屋が

立科自動車と看板がありここがそうかと勝ってに感心する

バイパスとの交差点にぶつかり押しボタン式の信号機が変わるのを待つ

1分くらい待ったが全く変わる気配が無くしびれを切らして道を渡る

振り返るとやっと信号が変わるところだった

そのままちゃたま屋まで戻るのは嫌なので久々に蓬田線を目指す

ポタナビの地図で上り口を探す

何年か前に上から下って来た事があったがその頃は沙羅や陽翔はまだ小さい頃だから5年は前かと考えていたが

上り口が見つからない

やべー、やっちまったかと後悔してみたら すぐに発見

 上り始めてすぐに止めときゃよかったとがっくりする

 最初はキツい坂ではあるが中頃になるとなだらかになる

斜度は平均5%位かな 

所々9%位のもあるが地図を見ながらきっとここが頂点だろうと勝手に決めスパート

上りきったーと喜んで下って行く先には 12%の標識

ダンシングするがすぐに座る

目標を決め食いしばって上る

少しなだらかになり余裕が 出たので左側の家を見ながら行く

不法投棄でもされたんじゃ無いか?

って位藪の中に車が溢れていた

スゲーなと思ってチラチラ左側を見ながら上っていくと道端で草むしりをしているお婆さんがいてびっくり

全く気付かず危なかった

坂を登り切ると後は下るだけ

快調に飛ばしていく

到着は11時30分近く

原の実家に着くと伊織 ちゃんがお母さんと一緒に外に出ていた

ケーキの事を聞こうとするも違う話になってしまい先に進まない

そうこうしていると 他の兄弟達もラジコンを出してきて遊び始める

そういえばタマネギの 育ちが悪いので聞いてみる

どうも横着して 苗の下に肥料を直まきしたのが良くなかったようだ

 しばらく話しをしてケーキの注文を受ける

お母さんと入れ替えでお父さんが出て来てまた話しをする

中古のハーベスターを貰ってきたので運搬機に改造するそうだ

時間を見ると12時を過ぎている

1時までに帰らないと、 と思い原の実家を後にする

行きの上りで足を使ったので帰りの上りで足が回らない

ちょっとした上りがキツい

下り始める所で会社からの電話

すでにここで20分過ぎ 

下り坂はバシバシ飛ばして下って行く

ちゃたま屋まで来ると腹が減ってきた

それでもお金を持ってこなかったので我慢

 だが山浦の信号を渡ったところでまずいと思い バックを探る

幸いショッツを2つ見つけて 補給するも

そんなに 即回復とはいかない

こりゃあ1時すぎるなと思いせめて20分迄には着かせようと走り始める

 浅間病院の信号で青になったとたん中学生の自転車が横を通り過ぎ ぶつかるかと思うくらい危なかった

お稲荷さん の坂も何とか漕ぎまくってクリアできた

 到着時間は1時 5分であった

9月11日 ツール・ド・望月

トップシーズン最後のイベント参加である

申し込みが締切日当日夜だったので無事参加出来て良かった

朝8時 頃から受付開始で9時スタート

旧望月町役場で受付

駐車場が少なそうなので早めに 自宅を出る

事前に見た地図情報から旧望月町役場の向かいに駐車場がある

とりあえずそこに行ってダメなら西友か、と 考えながら到着

何と最後の2台らしく ギリギリ 向かいの駐車場に止めれた

着替えて受付に

まあ色々な人がいる

子連れだったりカップルで来たり、親子連れだったり

一人ポツンと開会式を待つ

ちょっと ぐだぐだした感じの開会式を終えて いよいよスタート

乗鞍の山神と言われているゴキソの人が参加しているのでそれが目当てナンだけど

 スタートしてすぐは街中を通り過ぎる

沿道に応援してくれている方々がいるのであいさつしながら走って行く

のどかな風景が続く

少しスピードを抑えながら列に並んでいる

しばらくすると望月中学校が見えて来た

手前を左折すると工事中の駐車場に人がいる

どうもマラソンのイベントがあったらしくエイドステーションになっていた

少しの上り坂を過ぎると田んぼ道に出た

道も良く本当にのどかだ

しばらくすると第1エイドステーションに到着

悪魔おじさんの差し入れでチョコがあったのでいただく

マッタリしてから各々スタートして行く

今度は春日温泉に向かう為上り坂になってきた

前に赤い自転車が走っている

近づいて行くと悪魔おじさんの自転車

ママチャリで登るとはすげ〜な〜と感心

追い越したらすぐに第2エイドステーションに到着

そこではバナナなどをいただく

まだゴールではないな〜と走って行くと春日温泉の入り口でサイクリング終了

広場で休んでいるとピカチューのコスプレをした人が登って来た

だいたいの人が登って来たらいよいよヒルクライムが始まる

と思ったのに春日荘に来ていたバスが動き始めた

路肩で見ていると女子中学校のようでピカチューを見て大喜びしている

コスプレして来て嬉しいだろうなあなどと見ていたら前の方から

ヒルクライムを始めますとか言ってる声が聞こえてきた

全員が参加する訳では無いと思っていたらかなりの人数が登り始めた

結構後ろにいたのでコリャまずいと走り出すが

望月荘の前がゲキ坂

その上道が狭くてごった返している

ゴキソの人はいないと見ていたら1番最後からスタートするみたいだ

追いつかれる前に出来るだけ前に行こうとダンシング

20人は抜いたと思っていたら後ろからゴキソの人がサッと抜いて行く

マジかよ!と思っているうちに3人くらいの人が後をついて行く

こうなりゃどこまで通用するかやってみるかとそのままダンシング

傾斜が緩くなるところまでゴボウ抜きして行く

それでも前にはパラパラと人がいる

ゴキソの人はとっくに見えないけどとりあえず1人でも抜いていこうと気合いを入れる

坂もキツくなったり緩くなったりするが初めてなので道がわからない

TTポジションをとってみたりダンシングしてみたりひたすらこぎ続ける

途中撮影している車が来るが笑えない

笑って!と言われても引き攣ってしまう

そんなことをしていると路肩に人がいる

後50メートル!と聞こえてきた

そんなはずは無いと思って目の前人について行く

その先のカーブにも人がいる

後少し、って言ってるが曲がってみるとあと50メートルくらいのところに人がいる

目の前の人をダンシングして抜かし、ゴールしたと思い力を抜いたら

ここはゴールでは無く先の白線だよ!と言われ慌ててダンシングを再開

必死の形相で追い抜かされないように踏み続け

下を向いたままゴール

顔を上げてゴールして〜と言われても上げられず

少し先でダウン

 先に着いた人も自転車を 横にして休んでいる

順番としては10番位なのか?休んでいる人は5、6人しか居ないけど

だらけているとぱらぱらとゴールしてくるがみんな下でゴールかと思い、え~ ?って感じになっているようだ

それではよろしくないとゴールした人達で列になりゴール地点まで応援して誘導することに

これが楽しかった

ピカチュウの人が来たら悪魔おじさんが付き添ってゴールしたり

ゴールしたかと思えば引き返して仲間の人を迎えに行ってまたゴールしたり

 みんなゴールしていないのに 集合 写真を撮ったり

また来年も参加してみたいと思った

なからゴールしたようで東屋に冷えた トマトが用意されいただく

これがうまかった

では下り始めまーす!てなことで下り始めたら最終コーナーの先で本当に最後の 人が上ってきていてびっくり

声をかけて下って行く

よくぞここまで上ったものだと途中途中で止まっては 手を休める

春日温泉まで下ると左に曲がりまた少し急坂を上ると奥まったところに馬の練習場があった

その近くの公会堂みたいなところでランチパーティーと言うことで焼き立てピザやサラダとかをいただく

ある程度になったらまた集団下山

 旧望月町役場に戻り着替えをしてから閉会式

山の神の人にインタビューしたりビンゴ大会を行ったり

とても楽しめた1日であった

 

9月4日 JCRC伊豆修繕寺

コーラス祭の慰労会が終わって帰宅後、ひと休みしている間もなくアルファードにCAAD8を乗せる

ローラー台もと思ったが確か駐車場でのローラー台や周りを走行してのアップは禁止となっていたはず

なのでやめる

着替えを2枚ずつ用意

向こうで銭湯など有れば入りたいのでタオルも一緒にバックに押し込む

先月のマスタカナイトバーゲンで色褪せしていたスポーツバックを買ったのだがこれが中々大きくて良い

バスケのボールも入るくらいなんで重宝している

シューズバックも買ったが行方不明

いつも通りシューズ、ヘルメット、グローブ、靴下、ビブ、ジャージを2個ずつ積み込む

工具は買い物かごに押し込む

 少し仮眠を取り出発

夜道をひた走る

須玉から高速に乗ろうと思ったがそのまま走り過ぎて甲府まで行く

20号線はウネウネして走り辛い

昭和甲府から中央道に乗って静岡へ向かう

雨が降ってきた

大月手前でこれかよとぼやきながらゆっくり進む

結局御殿場から東名高速に乗る頃には横なぐりの雨になっていた

今回は新東名には乗らず東名高速を進む

駒門パーキングでトイレ休憩

そこでまた仮眠

時間は午前3時半

後1時間くらいは掛かる予定

ここでウインドウブレーカーを忘れているに気が付いた

だが後の祭りだ

天気予報を見たら静岡は雨の予報

現地で雨がひどかったらあきらめる事にして

晴れることを祈りつつ先を急ぐ

 暗い中、高速道路を進んでいき先日来た道の行くと料金所が有ったはずだが

早朝すぎたのかフリーで通過

そろそろどこかで仮眠をと思い伊豆のへそ?とか言う道の駅を発見

ここからなら後30分かからず到着するだろうと駐車場に入る

他にも何台か止まっているので仮眠をとる

時刻は4時過ぎ

会場のオープンが6時半頃なので少しは休めるか

でも5時半過ぎに起きてしまいトイレを済ませて仕方なく向かうことにする

山を越えて下ると前回も寄ったセブンイレブンがあるのでまた立ち寄り朝飯を少し購入

ぐだぐだしていると軽バンが上って行く

きっと同じなんだなと勝手に思い日本CSCに入る

雨は止んでいるが雲はある

ゲート前の坂道を自走の人が登っていく

よくなもんだと感心しながら駐車場へ

ナンだよ、あまり人が居ないに!

しかもペロドローム?のひさしの下でローラー台やってやがる!

話しが違うじゃないか!など思ったがローラー台やったら体力奪われて完走出来なくなる

 着替えてCADを用意して受付にむかう

 雲が多いなどと思っていると雨が落ちてきた

やってらんね

でもここまで来たから走ってみないともったいない

受付開始は第1レースが始まってからだったのでかなり時間がある

予定表をよく見るべきだった

仕方ないので試走に入る

雨は降ったり止んだり

ホームストレートは下り基調、第1コーナーまでガクッと下がって折り返しの上り

こりゃスピード出して惰性で登るしかないわ

まだ続くの~と登って行くと左コーナーから下りがはじまる

初めてなので少し抑える

下りきるとまた上り坂

本当に上りと下りしかない

やっとのことで1周

そのまま2周目に突入

 1周目よりはコースがわかるので無理はしない

試走をやめてもまだ受付時間まである

疲れたのでベンチに座りたいが雨のせいで 濡れている

ぶらぶらしてると第1レースが始まった

雨が降ったり止んだりで過酷だ

受付をして1度車に帰り着替える

着替え多くてよかった

時間を見て レース会場に下る

前回のレースでいた 小学生がまた居た

向こうもそう思っただろう

14人参加のレースが始まる

待っている間雨が降ったり止んだり

そしてスタート

第1コーナーを過ぎるまでローリング スタートだからオートバイが先頭だ

だからといって 前回のように最後尾からついて行くのでは無く 下りを利用して前に前にと 出て行く

下りから上りになってすぐにオートバイが 外れる

すでに遅れはじめていく

何とか集団に残ろうと上って行くけどどんどん離されていく

下りで追いつくかと考えて無理の無いペースで 上ったが

下り始めたら前に人が居ない

ドンケツではないことは分かっていたが前に追いつこうと下りを踏んでいく

小学生がいたがこちらの方がスピードが出る

違うクラスの人がいるがライン取りが甘い

何人かパスして最下部のコーナーに

オーバーランしないように外側から入って上り始めにインにつくようにする

この上りがキツい

下りで抜かした人にここで抜き返される💧

1周目終わって13位くらいか

またもホームストレート下りで上のクラスの人の前になり第1コーナーに入るがオーバースピードでブレーキをかけ過ぎて失速

そのまま上りに向かうがスピードは上がらない

下りになり最下部のコーナー付近で黄色の旗をふっている

落車のようだ

 雨だから 危ないけど追いつくには 飛ばすしかない

上って行くと一人見えてきた

ホームストレートは上のクラスの人にまたもついて行き突っ込んで上りへ

背中が見えてきたのに追いつけない

下りで抜かしたいが中々抜けない

最下部手前で何とか抜かし惰性を使い置き去りを狙う

でも上り坂がきつくすぐに抜き返される

必死に食らいつこうと頑張るが離れていく

なおかつ変速をミスり、 インナー にチェーン落ち

そこで更に 離されて一人旅でゴール

ゴール地点からスタート地点まては離れているのでクールダウンしながら 足をまわすと前の人に追いついた

速いですねと声をかけると下りで抜かされたから必死でしたよと返ってくる

こちらも上りが苦手なのでと笑い合う

リザルトが出る前に撤収

雨が降ったり止んだりの大変なレースであった

着替えて帰路につくが有料の百円を払うのがバカバカしいのでカーナビとグーグルマップを頼りに下道を進む

これが失敗だった

車で5分くらいの所を30分の上、掛からされて高速道路の入口に着いた

本当は日帰り温泉に寄ろうと思っていたが時間が掛かりすぎたので断念し一路信州へ

途中、須走の道の駅で お土産を買い、釈迦堂で仮眠を取り甲府昭和で下りて下道にする

清里の上り坂は前の車が遅くイライラしながら飛ばしていく

今回は小海線の脇は通らず帰宅

9月3日 佐久市コーラス祭

今日は1年に1度の佐久市コーラス祭

佐久市中のコーラスグループが集い、この1年の集大成とも言える練習の成果を見せ合う日だ

いつものように新子田の公民館に集合して練習、声出ししてから乗り合いでコスモホールへ向かう

コスモホールでも練習をするため少し早めに到着したのだかどうも時間を間違えていたらしく11時45分からの練習、と言われていたが実は30分からでピアノの人が来ていないなど練習が出来ずに終了

すぐに次の人達が入ってきてしまった

気を取り直して集合したところで早お昼

食べ終わったら会場に移動

12時30分開演

開会式の途中から柳田市長がやって来た

挨拶もそこそこにこれからのコスモホール周辺の事について触れた

高速道路整備事業が続いているが開通は再来年の春、臼田インターが出来あがる

コスモホール入り口近くの老人保健施設が移転して旧臼田支所跡地に新築するそうだ

老人保健施設の跡地は駐車場として整備するとの事

駐車場が無くて苦労なコスモホールだったので助かることだろう

開会式が終わって発表開始

七番目なので少し見てから移動して準備となる

いつもながらに緊張するがわくわくもしている

いざ本番!

寝ている中学生が右下隅に見える

俺も寝ている時はこんな風に見えているのだろう

マズいなと判ったが興味がなければ仕方ない

その中学生を起こしてやる!などと勝手に考えみる

ホールが大きいせいか開放的になるのか

普段以上に声が出る

音程を外してはマズいなと思いながらそれでも目一杯声を出す

中学生が起きたかは判らないが精一杯やったことで自己満足出来た

席に戻って一安心していると眠気が襲う

結局居眠りしてしまいあまり良く聞いてなかった

後で聞くと持ち時間8分なのに15分くらいやっているところがあったそうだ

確かそこで寝たような気がする

休憩時間までいて帰ることにする

駐車場はマンパンだ

乗り合いで来ているのでまた乗せてもらい公民館へ

座敷に食べ物などを並べて慰労会

それでも7時前には終わった

片付けをして帰宅

 

8月19日 保険の試験

保険募集人の更新の為、何年ぶりかの試験を受けた

 2カ月前に通知が来て先月講習会受講

そのときテキストと共に過去問をもらう

それをやり始めたのはお盆前

一度会社のパソコンで模擬試験をやってみたが基礎は何とかも合格、自動車は不合格になった

全く勉強していない状態ではあったがかなりショックを受けた

試験1週間前から勉強を始めたが不安だらけだ

もうテキストを読んで教わったでそうな所を復習するしか無い

1度読んで後はパソコンで模擬試験を繰り返す

最後の最後まで模擬試験

試験会場に直接向かうので時間ギリギリまでパソコンに向かう

直接向かうとはいえ9時半目標なのに出発したのは8時40分過ぎ

Google Mapsで見ると所要時間は45分くらいになっている

原を越えて行こうかと思ったがスマホのナビは小諸を抜けて国道を走っていけと案内している

DVDを見ながら国道を進む

東部湯の丸のインターへ上って行く途中に会場は有る

1度通り過ぎて会場の場所と駐車場を確認

駐車場が狭く早い者勝ちのようだ

上に有る体育館の駐車場で一休み

けっこう早く着いてそこで最後の丸暗記

35分過ぎに下ってきて1番道路側の駐車場が空いていたので駐車

テキストと受験票を確認し、持って建物に入る

中でも見れるはずだから

と思っていたら受付窓口がある場所ですぐに荷物はロッカーに入れさせられる

一息つく暇も無く試験のやり方を聞いてそのまま試験部屋に

すでに4、5人がパソコンに向かって打ち込んでいる

すごく狭いが囲まれているので脇見は出来ないし集中出来そうだ

最初は基礎知識

ギリギリまでやっていたので半分以上は判ったがあまり時間が無い

残り5分で自動車に移る

確認し過ぎで時間が無くなったがここまでやれば良いだろう

自動車は問題が少ないし、画面半分近くテキストが出るので確実にやっていく

だがまた残り時間が無い

結局残り2分を切っての終了となった

まだやっている人もいたがそそくさと部屋を出て車に向かう

合格していれば良いが

してたらJCRCの修繕寺に行きたいものだ

 

8月11日 伊豆修繕寺 日本CSC

ふと思った

 11月に有る試験を目標にすると来月のJCRCが最後のイベントになってしまうが

伊豆の修繕寺?は場所が判らない

保険の資格試験が来週末にあるのでそれに受かったら申し込みをしよう!

今日は時間があるかもと勝手に考え瑞樹と陽翔を原の家に送って手伝いをさせて速攻下ってきて燃料を入れる

タイヤの空気を見て出発したのが10時ごろ

目的地は日本CSC、向かう車はワゴンR

Google Mapsを見ながら道を急ぐ

昨晩オイル交換したばかりだがオイル漏れが気になる

途中で焼き付いたら等と考えながら1時間ほどで野辺山を過ぎる

自転車なら2時間かかったのに(T^T)車はさすがに早い

DVDを流しながら進んでいくが下道で行くには時間切れになってしまう

 須玉から高速に乗り双葉サービスエリアで休暇する

ここで2時間かからず

アフターアイドルしてトイレ休憩、帰って来てからオイル量の点検

オイル漏れはなさそうだ

一安心して出発する

高速は80㎞以上になると振動が出てくるが100㎞以上になると収まる

燃料が勿体ないから80㎞でガマンする

休日の為が下り車線が渋滞気味だ

崩落事故のあった笹子トンネルを過ぎ大月を過ぎ富士急へ

ノンストップで富士五湖道路を過ぎて行く

富士山は天気が良くなく曇っていて見えない

御殿場まで来たら渋滞になりかける

ナビ通りに行くが良く判らない

迷いながら東名高速に御殿場インターから乗る

ナビの案内では新東名が早いらしい

初の新東名を走ってみる

東名から新東名へのジャンクションが異様に高くて怖い

ガマンしながらクリアすると確かに良い道だ

三島の無料高速を通り伊豆へ

ちょこちょこ有料が出て来るかなり面倒い

山をくり抜いたトンネルを抜けるとあと少しのようでまだ何㎞かある

山を一つ超える感じで走って行くと日本CSCの看板が有った

一度通り過ぎ、Uターンして大回りでアプローチ

かなりの坂だが途中に信号がある

ナンだ?どこに行くのか?帰り道に行ってみようと思いつつまた急坂を登る

ホテルの案内板を反対に進むとベロドローム?が見えてくる

プールが一緒にあるらしく車が多い

入り口が分からないので下り坂を進んでいくが道は狭いし何か違う!

日本競輪学校の入り口近くでUターン

すぐ上にサーキットが走っている全体は良く判らないがアップダウンがキツそうだ

ペロドロームを少し眺めて帰路につく

来た道を下った先の信号を右折せずに直進してみる

すぐに右カーブになってそのまま下ると最初に上った入り口の反対側に出た

何だよ、どちらでも良いのかよなどと写真を撮って近くのセブンイレブンに寄って少し買い物をする

GoogleMAPにて帰宅を選ぶとセブンイレブンから他の道が案内されている

それでももと来た道を戻って行くが時間の短縮が気になる

2㎞進んだところでUターンして案内される道を選んでみる

500メートル進んだ辺りでもしやと思いGoogleMAPを見直してみると神奈川を抜け高速で東京、埼玉経由でのルートだった

すぐに引き返し山を越え三島の無料高速にむかう

そこそこ渋滞していたが我慢の運転で80㎞走行をする

午後1時に着いて滞在時間が30分

これで帰ってもナビとしては到着時間は4時を回っている

双葉サービスエリアに寄ってそれでもお土産を買って行く

野辺山の坂をぶっ飛ばして上る

一気に燃料が減る

やべーなーと下りはアクセルを踏まないようにして行くが混んでいるので

小海から裏道に入る

ちょうど小海線の電車が小海から出発したのが見えた踏み切りで捕まりたくはないが

前を走っているおばちゃんの車は遅い

途中で抜かすも踏み切りで2度捕まる

早いと思ったのにやられた

新子田でアルファードに乗り換えて原にむかう

燃料がほぼ空になってしまったが何とか伊豆を往復出来た

原に着いてお土産を渡し話しを少ししてから帰宅

陽翔が早く帰りたいと催促されて仕方なく

片道260㎞だったが往復して501㎞で給油となった

燃費は19㎞をマークした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月7日 EQAクリテリウム 第8回 熊谷

2時に起きて岩村田西友に寄り買い物をして無料氷を頂いていく

高速で埼玉まで

天気が危なそうで気になる

今回は一発で駐車場に停められる

前回と同じ場所だ

準備をしていると前回もいたMR2が来た

ナンバー666の青いMR2だ

受付をしに行くが前回の事は内緒だが咎めれらることもなく受付終了

 ローラー台を持って来たが面倒なので出さないで周囲をクルクル回ってアップとする

今回は前回の反省を含め講習が細かくなった

2人組で 場所を入れ替えながら距離を詰めたり練習をする

そして模擬レースへ

若い子が何人かいるがまずはローリングスタート

13人中5番目だったのでとりあえず前に前にと出て行く

リアルスタートするがするすると先頭になってしまいやべーと思いながらも

2周ほど引っ張ってみるがそんなに離れている訳ではなさそう

残り2周で後ろの子に抜かれてそのまま2位でゴール

次の本番用に足を残しているでしょうと思いながらも車に戻る

時間までかなりあるので仮眠をとる

うとうとしていると救急車のサイレンが聞こえる

まさかなあとウォーキングの人が倒れたかと思って時間が来たのでレース会場に行くと

救急車が来ているじゃないか

 交通整理のスタッフに聞くと落車があったそうだ

こりゃレースは中止になるなと思いつつ会場に入っていくと救急隊員が心臓マッサージをし始めた

AEDも使ったと近くの人が説明していた

肘を怪我している人がいるので絡み合う事故?なのでは?

しばらくすると救急車に乗せて中で処置していたがサイレンを鳴らしながら出て行った

EQAから説明が有り午後の予定は全てキャンセルとなった

当たり前ながら良い判断だと思うがしばらくしたらパトカー登場

早速現場検証が始まった

今回はキチンとセンサーを返して一安心

こんな時に迷惑をかけてはいけませんな

大した距離も走っていないので公園の周りを回ってみることにする

アップしたときからソフトクリームの上り旗が気になっていたので探しに行く

 

人が多いので入りづらいから場所だけ確認して通り過ぎる

適当に右に曲がって幹線道路に当たってさらに左折

歩道を走るが道が悪い

また左折して住宅地に入って行くと突き当たりにデカイドームが・・・

何と熊谷ドームがまだ続いていたのだ

諦めて車に戻ることにするが思っていた所に出なく、ポタナビで地図を見るが良く判らない(ノД`)

とりあえずドームの横をぐるっと回ると何かの大会があったのか子供達がわらわらといる

芝生のグランドも人が多いのでダラダラしていられないとスピードアップ

上り坂があったのでもしやと思ったら駐車場に近いとこに出た

そこからソフトクリームを食べようとまたお店に向かう

まだ人が多かったが気にせずメガネとヘルメットをしたままカウンターで注文

高校生アルバイト?の女子がレジをしていたが旅は恥のかき捨て

一つ買って写真をとりむしゃむしゃ食べる

美味しかった

食べ終わったらまた道を進み今度は左折

先ほどの上り坂をくぐり抜け裏のストレートに出る

そこを飛ばして走り駐車場に回る

現場検証が続いていた

自転車を車に乗せ着替えして帰路につく

今回は温泉には寄らないでひたすら下道を進む

スマートインターが上里にあったが通りすぎてしまい結局松井田から高速で佐久平パーキングまで

残念なレースだったが美味しい物を食べれたから±0かな