読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜備忘録〜

日々の出来事を思い出して

ミニバス 松本遠征

7月16日

朝5時起きで支度を整え加藤板金から借りたマイクロバスに乗り新子田のセブンイレブンに向かう

5時半集合でギリギリ間に合った

出発式を行い小須田さんを先頭に3台で連なって行く

途中長和の道の駅に寄りトイレ休憩

7時半頃松本へ到着

空いているので邪魔にならないところでバスを停める

早速アルファードからキャドッ8を出してセッティング

そそくさと先ずは浅間温泉へ向かう

そこから北上して美鈴湖への登り口を見つけに行く

北洞、南洞というところから登り始めるが道が分からず南洞に行く

が、とんでもない劇坂でついて登る

車一台分で農道、かつ途中は泥になりここは違うと諦めてはいるが上に道が有るので

ひたすら登る。距離にして500メートル、時間で5分くらいで舗装路に出た

緩やかな勾配なのでロードに乗り進む

上ったり平らになったり起伏の有る道だ

一度下ってまた上ると美鈴湖に到着

確か喫茶店があったよなぁと思っていたら美鈴湖の入り口にあった

時間が早く空いていないがこちらも試合時間が迫っているのでさっさと下る

今度は途中に見つけた道を下りる。なかなかの坂だ。

神社の裏に出ると地元のおじさん達が集まって片付けをしていた

挨拶しながら松本総合体育館に向かう

結局試合開始には間に合わなかったが途中からでも応援背徳出来た

クラスが変わるとこんなにも違うのかっていうくらい相手は強かった

試合が終わり再び走りに行く

今度は道を覚えた神社から登る

今だに片付けが終わらないようでごった返していた

自転車通るよと声を上げらながら通過して行く が、道を塞ぐように3トン車が止まっている

ゆっくり脇を通り抜ける

そんなにキツくない坂を登っていると上から軽自動車が下ってくる

通れないよと思いながら脇に寄る

先程通っているので美鈴湖までの道は安心だ

喫茶店手前で一台自転車が前を走っているが追いつけず

喫茶店にはロードバイクがラックに2台かかっていた

汗だくになりながら店に入りドリンクを注文

オレンジジュースを頼んだら皮までミキサーされて出てきた

美味しかったが驚いた

店内にはお客が1人ご飯を食べながらツールを見ていた

マスターはレース好きらしくブエルタに昨年行ったそうだ

子供いなければ好き勝手出来ていいなと思った

それから少し上ると美鈴湖の自転車競技用トラックがあったので寄ってみる

記録会をしていたらしくかなりの人がいた

そのまま美ヶ原高原に向かって登っていく

時間が無いし坂はキツく失敗したと後悔しながらゆっくりと登って行くが

4キロの標識のところでUターン

お昼過ぎの試合を見に行く

合計しても30キロちょっとしか走れなかったが翌日にJCRCがあるので

良いトレーニングになった